極限夫婦 第7話

極限夫婦 第7話

6年前、偶然の再会をきっかけに大学時代の先輩・達也(平岡祐太)と交際をはじめ、なし崩し的に授かり婚をした亜紀。現在、1児の母をしながら家事代行サービスのパートで働く彼女の悩みは、結婚を機に達也が“おまえ”と呼び出したことを筆頭に見下す態度を隠さなくなってきたこと。特に、年に数回訪れる達也の実家で亜紀は、“家事は嫁の仕事”だからとなにもしない達也とその家族に好き放題こき使われ、不満を口にすると、達也からかばわれるどころか嘲笑される始末。「最初に、あの瞬間、いやだと言えていれば—」と亜紀は、雪だるま式にふくれあがる違和感の数々を家事代行サービスの訪問先で桜小路司(柊太朗)に打ち明ける。同じ日の夜、亜紀は結婚後に1度も帰省できていない実家の母から連絡を受けて、次の正月休みこそは達也の実家ではなく、子どもを連れて親元で過ごそうと決意する。だが、その願いもむなしく、勝手に達也の実家に帰省することにされてしまい、亜紀が抗議をすると達也に家事を「女がやって当たり前の雑用」と馬鹿にされた挙句、真剣な怒りを“ヒステリー”扱いで一蹴される。家事も育児も妻に押し付け

#邦画

ビデオが失敗した場合は、ここでバックアップ ムービー ビデオをご覧ください。: Click Here

Related Post