Category: ドラマ End

サスペンス名作選 刑事鬼貫八郎17 炎の記憶サスペンス名作選 刑事鬼貫八郎17 炎の記憶

サスペンス名作選 刑事鬼貫八郎17 炎の記憶 下山の話によると、問題の人物は、宇野とは小学校から中学校まで一緒で、現在、自動車修理工場を経営している原田和則。暴行事件当時、宇野は告訴すると息巻いていたが、下山が間に入って穏便に収まったらしい。鬼貫らが会った原田は、宇野殺しは否認したもののアリバイはあいまい。また、宇野の子を堕ろしたらしいゆかりが、自殺を図ったこともあり、捜査はなかなか進展しない…。 出演者 鬼貫八郎…大地康雄 鬼貫良子…左時枝 鬼貫真奈美…須藤温子 碓氷道夫…羽場裕一 神保亜希子…山口果林 下山剛…竜雷太 原田和則…野村祐人 宇野英生…山本陽一 沢村ゆかり…松永玲子 黒川課長…天田俊明 ほか 原作脚本 【原作】鮎川哲也『準急ながら』より 【脚本】坂上かつえ #邦画

まんぷく 第142話まんぷく 第142話

まんぷく 第142話 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。3月20日放送の第142話では、原因不明の腹痛で入院した鈴(松坂慶子)が弱気になる。鈴が腹痛を訴え、救急車で運ばれた第141話。第142話では、原因不明の腹痛で入院することになった鈴。福子(安藤サクラ)が付き添って看病するも、鈴はすっかり弱気に。一方その頃、萬平(長谷川博己)の会社では「まんぷくヌードル」に入れるエビを選定中で、フリーズドライ加工しても赤色と、形を保つ「プーバラン」というエビを発見。ようやく開発のメドが立つが、予定価格100円に対して「高すぎる」と異論の声があがり……。 #邦画

まんぷく 第141話まんぷく 第141話

まんぷく 第141話 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。3月19日放送の第141話では、福子(安藤サクラ)の母・鈴(松坂慶子)が腹痛を訴え、救急車で運ばれる。神部(瀬戸康史)が「まんぷくヌードル」の具として、エビのフリーズ加工を提案した第140話。第141話では、萬平(長谷川博己)と福子の二人三脚で、新しい加工肉が完成。試食すると好評で、「まんぷくヌードル」の具材に採用することに。すでに決まった具材はネギ、スクランブルエッグ、加工肉。最後に彩りを添える具材を入れたいと、神部が試作中の赤いエビへの期待が高まる。そんなある日、鈴が突然、腹痛を訴えて救急車で運ばれる。 #邦画

BG~身辺警護人~1 第2話BG~身辺警護人~1 第2話

BG~身辺警護人~1 第2話 人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅で自転車に放火される事件が発生。一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は捜査を開始する。裁判官の行永には警視庁のSPが付くが、妻・亜佐美(大塚寧々)にはSPがつかないため、彼女の警護は章(木村拓哉)ら、日ノ出警備保障の身辺警護課が担うことに。しかし相変わらずSPの落合(江口洋介)は章たちを邪魔者扱いし、亜佐美は「武器も持たない一般人に護ってもらうなんて…」とボディーガードが付くことに難色を示すのだった。夫の行永がSPたちに護られながら外出すると一転、亜佐美は章とまゆ(菜々緒)を小間使いのように扱い、食器洗いや玄関の掃除を命じ始める。さらに、外出したいという亜佐美のワガママに振り回されながら買い物を続ける中、章は亜佐美を監視する何者かの視線に気付き…? #邦画

BG~身辺警護人~1 第1話BG~身辺警護人~1 第1話

BG~身辺警護人~1 第1話 極寒の路面補修工事現場――警備員の島崎章(木村拓哉)が勤務する現場に一台の黒塗りの車が通りかかる。助手席には黒っぽいスーツを着た男・落合義明(江口洋介)、そして後部座席にはサングラス姿の立原愛子(石田ゆり子)が座っていた。記者たちに追われ急を要する気配を察した章が抜け道を指示すると、急発進した車はコーンを飛ばして疾走。その様子を章はただ見送るのだった。残された記者の中には、週刊「時論」の記者・犬飼悟(勝地涼)の姿もあり…。その翌日、章は日ノ出警備保障の社長・今関重信(永島敏行)に呼ばれ、本社へ。そこで身辺警護課の新設とそこへの着任を打診される。数年前、とある出来事をきっかけにボディーガードの世界から身を引いていた章は、一度はその打診を固辞するが、今関の強い希望で受け入れることに…。 #邦画

まんぷく 第140話まんぷく 第140話

まんぷく 第140話 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。3月18日放送の第140話では、神部(瀬戸康史)が「まんぷくヌードル」の具として、エビのフリーズ加工を提案する。福子(安藤サクラ)が元気のない幸(小川紗良)に寄り添った第139話。第140話では、フリーズドライ製法に注目した萬平(長谷川博己)は、色々な食材を試して、ネギとスクランブルエッグを採用する。さらに100円の値段にふさわしい高級感のある食材を入れたいと、神部の提案でエビをフリーズドライ加工することに。福子と萬平は、ミンチに野菜などの食材を練り込み、味付けした加工肉を作ろうと考え……。 #邦画

まんぷく 第139話まんぷく 第139話

まんぷく 第139話 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。3月16日放送の第139話では、元気のない幸(小川紗良)が気になり、福子(安藤サクラ)が問いただす。萬平(長谷川博己)と源(西村元貴)が「まんぷくヌードル」の具材をめぐって口論となった第138話。第139話では、衝突した萬平と源を福子が仲裁するも、萬平は「見つからなければ、作ればいい」と源を突き放す。その言葉が胸に響いた源は資料を調べて、「フリーズドライ」という技術を発見する。一方、福子は、最近娘の幸が元気がないことが気になり、問いただすと……。 #邦画

まんぷく 第138話まんぷく 第138話

まんぷく 第138話 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。3月15日放送の第138話では、萬平(長谷川博己)と源(西村元貴)が「まんぷくヌードル」の具材をめぐって口論となる。萬平らが発泡スチロール容器の臭いを取ることに成功した第137話。第138話では、萬平は「まんぷくヌードル」の予定価格100円を妥当とするため、これまでのラーメンにない新たな具材を入れようと提案。早速、開発チームで集まり、検討会を行うが、候補になった食材はどれも的外れ。萬平はメンバーに「彩りのある洋風の具材」を考えるよう、げきを飛ばす。その晩、長男・源が萬平に具材探しの難しさを訴えて口論になり……。 #邦画

昼の特選ドラマ劇場 温泉若おかみの殺人推理 14昼の特選ドラマ劇場 温泉若おかみの殺人推理 14

昼の特選ドラマ劇場 温泉若おかみの殺人推理 14 「南紀白浜夕焼け小焼け復讐の連続殺人 若おかみの初恋の人が真犯人!?」▽テレビ朝日系列で2004年に放送された第14シリーズ ■番組内容 上村沙江子は、南紀白浜の温泉旅館「むさし」の若女将。沙江子の夫・有作は地元署の刑事で、有作の母・道子が、「むさし」の大女将として実権を握っている。このところ沙江子は、連夜にわたる“積年の恨み晴らさん 白良浜へ舞い戻り候 復讐鬼”という不気味なメールに悩まされていた。さらに地元では、抜き身を下げた甲冑武者の亡霊が出没するというウワサが立っていた。 ■出演者 東ちづる、中村梅雀、岡田茉莉子、若林豪、大路恵美、橋爪淳、西沢利明、千うらら、松下恵、久保田磨希 ほか #邦画

昼の特選ドラマ劇場 おとり捜査官・北見志穂 8昼の特選ドラマ劇場 おとり捜査官・北見志穂 8

昼の特選ドラマ劇場 おとり捜査官・北見志穂 8 「運転する死体?トンネル三重密室の謎 新宿袋詰め連続殺人!ワインを抱いた死美人の秘密」▽テレビ朝日系列で2002年に放送された第5シリーズ ■番組内容 ある日、早朝の新宿中央公園で若い女性の袋詰め死体が発見される。死因は鋭利な刃物で頚動脈を切られたことによる失血死だった。だが、これだけの傷にもかかわらず、不思議なことに抵抗した跡がない。また、被害者は身元を特定できるようなものは何も所持していなかった。数日後、捜査本部にタレコミ電話がかかる…。 ■出演者 松下由樹、蟹江敬三、芳本美代子、遠藤憲一、小木茂光、赤座美代子、吉野公佳、岩田和樹、柳野幸成、エド山口、竹内都子 ほか #邦画

昼の特選ドラマ劇場 警察科学捜査研究所 文書鑑定の女 1昼の特選ドラマ劇場 警察科学捜査研究所 文書鑑定の女 1

昼の特選ドラマ劇場 警察科学捜査研究所 文書鑑定の女 1 「遺書を握った死美人の謎!太股の刺青に隠された人妻の秘密…」▽テレビ朝日系列で2002年に放送された第1シリーズ ■番組内容 警視庁科学捜査研究所、通称“科捜研”の文書鑑定科技官・小山内夕香はある朝、若い女性がビルから転落するのを目撃する。すでに死亡していたその女性の手には「…悔い改めます」という遺書らしきものが握られていた…。 ■出演者 羽田美智子、石黒賢、古尾谷雅人、西尾まり、西岡竜一朗、野村真美、神保悟志、高杉亘、豊原功補、金児憲史、中込佐知子、西牟田恵 ほか #邦画

昼の特選ドラマ劇場 はみだし弁護士 巽志郎 9昼の特選ドラマ劇場 はみだし弁護士 巽志郎 9

昼の特選ドラマ劇場 はみだし弁護士 巽志郎 9 「元妻・セレブは殺人犯!?年下ホストと危険な情事、美人記者とみちのく二人旅」▽テレビ朝日系列で2005年に放送された第9シリーズ ■番組内容 元ホスト小笠原誠司が自宅マンションで殺害され、容疑者として、弁護士巽志郎の元妻加奈子が浮上した。しかし、巽と大学時代同期で加奈子の従兄妹の弁護士中島が、加奈子をかばい、警察の追及をかわす…。 ■出演者 三浦友和、あき竹城、坂下千里子、涼風真世、遠藤久美子、益岡徹、宅間孝行、デビット伊東、河原さぶ ほか #邦画

まんぷく 第137話まんぷく 第137話

まんぷく 第137話 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。3月14日放送の第137話では、萬平(長谷川博己)らが発泡スチロール容器の臭いを取ることに成功する。萬平が娘・幸(小川紗良)の熱愛疑惑を耳にした第136話。第137話では、萬平が船便で輸入される発泡スチロール製品には臭いがないことに気づき、その原因を調査する。すると一定の温度で熱すると臭いがなくなることが判明。同時にお湯をかけて、かき混ぜることなく、ダマにならない粉末スープの試作も成功する。しかし福子(安藤サクラ)はもう一工夫、必要なのではと考えて……。 #邦画

まんぷく 第136話まんぷく 第136話

まんぷく 第136話 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。3月13日放送の第136話では、萬平(長谷川博己)が娘・幸(小川紗良)の熱愛疑惑を耳にする。幸がレオナルド(ハリー杉山)と抱き合う姿を目撃され騒動となった第135話。第136話では、萬平は、発泡スチロールで試作した容器の刺激臭をなくすため、蒸したり、洗ったり、風にさらしたりと試行錯誤を繰り返す。福子(安藤サクラ)はそんな萬平に心配をかけたくないと、娘の幸の熱愛疑惑を隠す。ところが思いもよらぬところから、萬平の耳にその話題が入り……。 #邦画

忍びの家 第6話忍びの家 第6話

忍びの家 第6話 片足が義足の男が運び込まれ、それが岳であることが判明。BNMの取調べを受け、6年前に海に落ちた際に船のスクリューに巻き込まれて片足を失い、その後風魔一族に捕らわれて毒性の黄色い花を栽培させられていたと告白します。岳は一旦俵家に帰され、家族と対面。全員彼の帰還を喜びますが、風魔のスパイである可能性もありました。BNMは俵家に盗聴器を仕掛けており、可憐が家にいることがバレてしまいます。壮一と陽子は岳の話に出ていた黄色い花の畑を調査しに行きますが、花をすでにすべて摘まれて出荷されていました。壮一たちはトラックを追いかけて九条物流センターへ。晴は澤部から情報を得る約束をしていましたが、現れたのは岳でした。澤部は彼を「カラス」と呼び、岳は澤部と戦って殴り殺してしまいます。 #邦画

忍びの家 第5話忍びの家 第5話

忍びの家 第5話 風魔一族に近づきすぎ、狙われる羽目になった可憐。晴が取材書類や黄色い花などの証拠品をすべて持ち去ったことに気付いており、真実を話すよう晴に求めてきました。晴は俵家に可憐を連れて帰り、自分たちが忍びの一家であることを話し、家族にも紹介して、BNMには可憐を始末したと嘘をつきます。そして晴は家族に、現在の19代目風魔小太郎が6年前に岳を殺した覆面忍者であることを告げました。ついに家族が忍者だと気付いた陸は自分だけ仲間外れは嫌だと言い出し、祖母のタキから忍びの修行を受けることに。その頃、19代目風魔小太郎は風魔党のアジトで、あやめから掛け軸を受け取っていました。しかしそれは偽物で、小太郎が欲しかったのは風魔一族が仕えた北条家の家系図でした。 #邦画

救命病棟24時 第5シリーズ 第4話救命病棟24時 第5シリーズ 第4話

救命病棟24時 第5シリーズ 第4話 小島楓(松嶋菜々子)が杉吉康弘センター長(手塚とおる)に呼び出される。救急搬送された岩渕達也(森下亮)から、気管挿管時に歯を折られたとクレームをつけられたのだ。杉吉は病院に責任が及ばないよう、問題を上手くまとめるよう楓に指示。楓は詳しい話を聞こうと麻酔科医の安藤直利(児嶋一哉)を探すが、姿が見えない。結局、安藤の話が聞けなかった楓は、桜庭睦子看護師長(安寿ミラ)と一緒に岩渕と対面する。しかし、岩渕はすでに弁護士と相談しているらしく、自分の歯を折った麻酔科医としか話をしないと息巻いた。だが、麻酔科医の顔や名前はわかっていない様子。岩渕との話を終えると、睦子は楓にやはり安藤ときちんと話して欲しいと頼む。今回の件は別として、安藤の目つきや動きが怪しいと、患者たちからナースにクレームも入っていたのだ。その後も安藤は手術などの時にはいるのだが、楓が話をしようとすると、避けるようにどこかへ行ってしまう。そんな楓にナースの中澤千秋(山田真歩)が、安藤は誤解されやすいが悪いドクターではないと擁護。その言葉から楓はあることに気づいて、確かめる事に…。 #邦画

救命病棟24時 第5シリーズ 第3話救命病棟24時 第5シリーズ 第3話

救命病棟24時 第5シリーズ 第3話 小島楓(松嶋菜々子)は、かつて一緒に働いた看護師の高橋〈旧姓・伊坂〉千秋(田村たがめ)と再会。結婚して子供も授かった千秋に医局長としての仕事を応援されて、楓の心は和む。だが、救命センターのメンバーは、まだまだまとまるどころではなかった。そんな時、最上透院長(段田安則)の思惑で、後期研修医の広瀬斎(風間俊介)と奈良さやか(芦名星)の指導医が変更される。広瀬は本庄雅晴(佐々木蔵之介)から夏目衛(時任三郎)に、さやかは片岡仁志(柏原収史)から楓となった。研修医たちは少なからず動揺。さやかは楓に憧れているのだが仕事を任せてくれないことに不満を持ち、広瀬は他の医局員同様、夏目という人物そのものがわからなかった。 #邦画

まんぷく 第135話まんぷく 第135話

まんぷく 第135話 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。3月12日放送の第135話では、幸(小川紗良)がレオナルド(ハリー杉山)と抱き合う姿を目撃され騒動に。萬平(長谷川博己)と源(西村元貴)の関係に変化が起きた第134話。第135話では、幸とレオナルドが抱き合う姿が目撃されて騒動に。福子(安藤サクラ)がさりげなく事情を聞くと、幸は「ただの友達」と答えるだけで、真相はわからず。一方、萬平と開発チームで進める「まんぷくヌードル」の試作も失敗続き。粉末スープはうまく溶けず、容器には刺激臭が発生と、完成は遠い。 #邦画

まんぷく 第134話まんぷく 第134話

まんぷく 第134話 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。3月11日放送の第134話では、萬平(長谷川博己)と源(西村元貴)が家でも仕事の話をするようになる。開発チームに入った萬平の長男・源が、「自分には無理だ」と弱音を吐いた第133話。第134話では、苛立っていた萬平は福子(安藤サクラ)の助言を受け、開発チームのメンバーに「急がなくてもいい。一緒に作ろう」と歩み寄る。すると開発メンバーの長男・源にも変化が起き、萬平と仕事の話を家でもするように。福子は2人の様子に喜びを感じる。会社ではメンバーから積極的なアイデアの提案が続き……。 #邦画

ミステリー・セレクション・山村美紗・名探偵キャサリン14 旅芸人一座殺人事件ミステリー・セレクション・山村美紗・名探偵キャサリン14 旅芸人一座殺人事件

ミステリー・セレクション・山村美紗・名探偵キャサリン14 旅芸人一座殺人事件 京都を舞台にした連続殺人事件に、素人探偵・キャサリンが挑む山村美紗・名探偵キャサリン14「旅芸人一座殺人事件」◆キャストかたせ梨乃→希麻倫子・通称キャサリン(社長令嬢・カメラマン)遠藤憲一→橘秀一河相我聞→飛田三郎(倫子の後輩カメラマン)井上晴美→黛小夜中西良太→橘美紀彦山村紅葉→千田美佳(京都平安新聞社社員)坂本あきら→橋口警部補橘菊太郎→橘菊太郎橘大五郎→橘大五郎山口美也子→西村富江絵沢萠子→山本雪子今村雅美→土田正美パンチ佐藤→大河原刑事山路和弘→近藤雄二郎浅利陽介→橘翔太筒井真理子→橘弥生西岡徳馬→狩矢警部(倫子の知り合い)松木秀樹/境浩一朗/蓉崇/正藤勘之祐/室将也/杉村怜音/白井英次/橘劇団/正藤流/平安雅楽会/ほか◆スタッフ原作:山村美紗脚本:倉沢奈都子監督:水谷俊之 #邦画

昼の特選ドラマ劇場 おとり捜査官・北見志穂 4昼の特選ドラマ劇場 おとり捜査官・北見志穂 4

昼の特選ドラマ劇場 おとり捜査官・北見志穂 4 「狙われた美人刑事!盗撮された私生活 誘拐犯からの逆指名、監禁、水責め、激流の水門で最後の対決!!」▽テレビ朝日系列で2001年に放送された第4シリーズ ■番組内容 東京・北区にある病院から新生児が誘拐された。誘拐犯は親である岸上恭三に身代金1億円を要求、その運搬人として警視庁捜査一課の刑事・北見志穂を指名してきた。志穂は袴田刑事から電話で呼び出され捜査会議に加わるが、誘拐犯がなぜ自分を指名したのか彼女には全く心当たりがない…。 ■出演者 松下由樹、蟹江敬三、京本政樹、美保純、小木茂光、赤座美代子、高倉亜樹、小柴亮介、五森大輔 ほか #邦画

昼の特選ドラマ劇場 温泉(秘)大作戦 5昼の特選ドラマ劇場 温泉(秘)大作戦 5

昼の特選ドラマ劇場 温泉(秘)大作戦 5 「山口県長門温泉郷をめぐる謎の連続殺人!下関のトラフグと日本海仙崎イカの究極料理!!」▽テレビ朝日系列で2008年放送の第5シリーズ ■番組内容 山口県長門湯本温泉郷にあるホテル「西京」の女将から経営立て直しの依頼があり、旅館コンサルタントのカリスマ・城ノ内愛子の指令のもと、旅館経営のスペシャリスト・星野さつきたちはホテルを訪れる。しかし「西京」の板長の弟子だった男が殺害され、板長が殺人の容疑で連行されてしまう。さらにホテル買収の危機にもさらされ、さつきが師と仰ぐ元上司の策略で再建がピンチに! ■出演者 森口瑤子、東幹久、村田雄浩、野際陽子、高樹マリア、烏丸せつ子、京本政樹、山田辰夫、なべおさみ、井田國彦、長江健次 ほか #邦画

救命病棟24時 第5シリーズ 第2話救命病棟24時 第5シリーズ 第2話

救命病棟24時 第5シリーズ 第2話 生まれる命、奪われる命同時多発的に発生した事件に巻き込まれた多くの被害者が搬送されたため、小島楓(松嶋菜々子)は夜間の当直にもつかざるを得なくなる。しかも、昨日は警察官に伴われたいわくありげな薬物中毒患者、坂本篤(玉置玲央)も運び込まれていた。当直明けの楓が、ICUの個室に入った篤の様子を見に行くと、夏目衛(時任三郎)に話しかけられる。すると夏目は、篤が自分を刺した犯人だとそっと楓に教えた。2人の会話を広瀬斎(風間俊介)が聞いてしまう。そんな中行われたカンファレンスでは広瀬が入院患者や新たに搬送された患者の病状や容態を説明するが、篤について漏らす事はなかった。しかし、本庄雅晴(佐々木蔵之介)は警察に付き添われて来た篤について正確な情報が欲しいと憤っていた。また、本庄は昨日、楓が麻酔医の安藤直利(児嶋一哉)を帰してしまったことへの不満もぶつける。持論をぶつけ合う医局員たちを鎮めたのは夏目だった。冷静に楓の正当性を説く夏目に、本庄も口をつ #邦画

救命病棟24時 第5シリーズ 第1話救命病棟24時 第5シリーズ 第1話

救命病棟24時 第5シリーズ 第1話 史上最悪の事件!小島楓、生と死の決断国立湊大学附属病院救命救急センターの医局長としてチームを率いることになった小島楓(松嶋菜々子)は、国立大学病院という「救命の最後の壁」を舞台に、最新の設備と最高の医療スタッフとともに、日夜鳴り続けるコールに応え、1人でも多くの命を救うため働き続ける。しかし、急ごしらえの雇い兵部隊である湊大救命センターの医局員たちは、救命医の本庄雅晴(佐々木蔵之介)を筆頭に、それぞれ腕は立つがくせ者ぞろい。楓は淡々と正確に仕事をこなすが、どこか他人を寄せつけない雰囲気があるため、医局員たちとの関係はぎこちない。楓自身も、救命医としての実力は誰よりも勝っているがゆえに、チームを率いることに自信を持てないでおり、院長の最上透(段田安則)が楓を医局長に据えた理由も不明だった。 #邦画

まんぷく 第133話まんぷく 第133話

まんぷく 第133話 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。3月9日放送の第133話では、開発チームに入った萬平(長谷川博己)の長男・源(西村元貴)が、「自分には無理だ」と弱音を吐く。萬平たち開発チームの面々が欧米人にも合う麺の長さを思案した第132話。第133話では、萬平と福子(安藤サクラ)は自宅で新たな麺作りに挑む。試行錯誤の末、欧米人でも食べやすいよう麺を短くして、特製の容器に合わせた麺の揚げ方を発見する。喜んだ萬平だったが、チームに容器やスープの開発状況を訪ねたところ、いずれも開発が遅れていることがわかって激怒。チームに入った長男の源は、「お父さんは天才だけど、自分には無理だ」と弱音を吐き始め……。 #邦画

まんぷく 第132話まんぷく 第132話

まんぷく 第132話 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。3月8日放送の第132話では、萬平(長谷川博己)たち開発チームの面々が欧米人にも合う麺の長さを思案する。萬平が新商品を「まんぷくヌードル」と命名した第131話。第132話では、幸(小川紗良)がたまたま万博で知り合ったという外国人たちに、試作スープで作った即席ラーメンを食べさせたところ、問題が発覚する。欧米人には麺をすする習慣がなく、日本規格の麺だと長すぎたのだった。一方、福子(安藤サクラ)は開発メンバーに選ばれた長男・源(西村元貴)が相変わらず消極的なのが気にかかる。さらに長女の幸が……。 #邦画

メイちゃんの執事 第6話メイちゃんの執事 第6話

メイちゃんの執事 第6話 詩織(山田優)が、メイ(榮倉奈々)らのクラスに復学。詩織の執事・忍(向井理)は、周囲にメイの出自や理人(水嶋ヒロ)が詩織の執事だったことを明かす。素性を隠していたメイは反感を買い、退学を懸けたテストを受けることに。そんな中、学園にメイの同級生の天才児・みるく(吉田里琴)を監査する謎の組織が現れる。 #邦画

メイちゃんの執事 第5話メイちゃんの執事 第5話

メイちゃんの執事 第5話 詩織(山田優)が、メイ(榮倉奈々)らのクラスに復学。詩織の執事・忍(向井理)は、周囲にメイの出自や理人(水嶋ヒロ)が詩織の執事だったことを明かす。素性を隠していたメイは反感を買い、退学を懸けたテストを受けることに。そんな中、学園にメイの同級生の天才児・みるく(吉田里琴)を監査する謎の組織が現れる。 #邦画

忍びの家 第4話忍びの家 第4話

忍びの家 第4話 可憐は晴を自宅に招き、自分が3歳の頃に巻き込まれた遊覧船事件のような大量殺人事件で両親を失ったこと、それをきっかけに記者になり、6年前に俵家が関係していた政治家誘拐事件を探っていたことを告白します。さらにその調査のために晴に近づいたことを告げられ、ショックを受ける晴。その頃、BNMの沖は松浦こそ遊覧船事件の犯人だと気付き、陽子は松浦を尾行してある工場へたどり着いていました。そこには、岳と思われる忍者からの指示で俵家の掛け軸を盗んで持ってきていた凪も。しかし待っていたのは岳ではなく、風魔一族のナンバー2であるあやめでした。凪はあやめと戦って倒されてしまいますが、松浦を追って来た陽子と駆け付けた壮一の2人が風魔忍者たちを斬り倒していきます。松浦も風魔一族の忍者で、2人は情報を聞き出すため彼を生かすことに。 #邦画