麒麟がくる 第1話

麒麟がくる 第1話

本能寺の変を起こし、主君の織田信長を自害させた明智光秀(長谷川博己)を通して群雄割拠の戦乱を描く。1547(天文16)年。美濃の光秀は、領地を荒らす野盗を撃退した際、その頭領が持っていた“鉄砲”という武器に興味を持つ。領主・斎藤道三(本木雅弘)に掛け合い、ある約束と引き換えに、“鉄砲”を詳しく調べるため旅に出る。最初に堺を訪れた光秀は、あるきっかけで有力者・松永久秀(吉田鋼太郎)に気に入られ、“鉄砲”を手に入れる。次に向かった京で光秀は、名医と名高い望月東庵(堺正章)と助手の駒(門脇麦)に出会う。

#邦画

ビデオが失敗した場合は、ここでバックアップ ムービー ビデオをご覧ください。: Click Here

Related Post