救命病棟24時 第4シリーズ 第6話

救命病棟24時 第4シリーズ 第6話

硫化水素で自殺を図った女性、由梨(野村佑香)が運ばれてきた。進藤(江口洋介)、楓(松嶋菜々子)らは、他の患者への影響を避けるため、駐車場で処置をする。同じ頃、手のひらから血を流した男、浅越(水橋研二)が救命センターを訪れていたが、澤井(ユースケ・サンタマリア)が外来へ行くよう促していた。その後、救命センターのホットラインにいたずら電話が相次いでかかってくるようになった。その原因に気づいた楓らは…!?そんな中、国会議員の岡部(佐戸井けん太)が心筋梗塞で倒れ、運び込まれてきた。澤井が付き添っている。岡部は、救命医療改革の独立行政法人の諮問委員に澤井を勧誘していたのだ。進藤と澤井の連携プレーで岡部は一命をとりとめ、ICUに移された。

#邦画

Related Post