救命病棟24時 第1シリーズ 第9話

救命病棟24時 第1シリーズ 第9話

看護婦のゆき(須藤理彩)が父親の剛(江守徹)に「ガンだからね」と言った翌日、進藤(江口洋介)は剛に「肺ガンだが、手術で治る可能性がある」と検査結果を伝える。ゆきは進藤と楓(松嶋菜々子)に言いすぎたことを謝るが、進藤はゆきと折り合いの悪い父親が葬儀社に情報を流した疑いを持たれた娘の汚名を晴らそうとしたことを明かす。情報を流していたのは辻(八嶋智人)だった。その日、建築中のビルから落ちてきた鉄骨をモロに受けた青年が運びこまれる。両親や友人が駆けつけるが、手の施しようがなく、ゆきも慰めの言葉もない。婦長のルリ子(大島蓉子)もゆき親娘の関係修復につとめるが、ゆきの心をほぐせない。剛は進藤に複雑な親娘関係を打ち明けた上、「手術は怖い」と言う。

#邦画

Related Post