昼の特選ドラマ劇場 ホゴカン~熱血保護司 村雨晃司の事件簿

昼の特選ドラマ劇場 ホゴカン~熱血保護司 村雨晃司の事件簿

当作品の主人公、腕のいい社寺彫刻職人家。妻の病死後も、娘の子育てを放り投げて彫刻に没頭してきた職人気質。ある日の夜、自分の工房の職人見習いの青年・吉岡が、工房に強盗に入った昔の不良仲間に刺殺されてしまう。その場に居合わせた村雨も、止めに入った過程で、右腕を負傷。後遺症で鑿が思うように使えなくなったことから、彫刻から身を引くことを決意する。次の人生を考えている最中、高校時代の恩師であり保護司でもある安西に勧められ、保護司に転ずる。

#邦画

Related Post