社内処刑人~彼女は敵を消していく~ 第10話

社内処刑人~彼女は敵を消していく~ 第10話

のぞみ(中村ゆりか)の罠にかかり、ついに正体を現した一連の事件の“犯人”は、沙希(川津明日香)を死に追いやった5年前の真相を告白するが…。のぞみ、そしてほのか(生駒里奈)を待ち受けていた“復讐劇”の思わぬ結末とは?「すべての黒幕は……あなただったのね」。のぞみ(中村ゆりか)の仕掛けた罠にかかり、ようやく姿を現した“犯人”は、のぞみ、そしてほのか(生駒里奈)の前で、5年前の真実を明かし始める。親友の沙希(川津明日香)を踏み台にのし上がろうとする英子(鈴木ゆうか)の野心を利用し、自らのある“野望”を叶えようとしたこと。そのときに犯した重大な失態を隠蔽するため、過去を暴きかねない秘密に触れてしまった矢野(河邑ミク)を襲い、北尾(太田唯)と七瀬(栗山英宜)の命を奪ったこと——。怒りに震え、「許さない……殺す!」と猛然と襲いかかるのぞみに逆上する犯人。その手にはナイフが不気味に光り…。復讐のターゲットについに対峙したのぞみ!5年の歳月をかけた“復讐劇”に待ち受けていた思わぬ結末とは?

#邦画

ビデオが失敗した場合は、ここでバックアップ ムービー ビデオをご覧ください。: Click Here

Related Post