滅相も無い 第7話

滅相も無い 第7話

6人が話し終えてすっかり夜が深まった頃、7番目の井口(中嶋朋子)が話を始める。幼い頃から好奇心旺盛だった井口。ある日、家で一人の井口の元に、近所に住んでいる“ある意味で有名なおばさん”がやって来る。「一人のときは出てはいけない」と親から言われていた井口だったが、その好奇心を抑えられなくなってしまう。

#邦画

Related Post