鳴門秘帖 第5話

鳴門秘帖 第5話

弦之丞(山本耕史)は、平賀源内(正名僕蔵)と再会し、鳴門秘帖の件は、藍玉の利権を巡る幕府と阿波の対立が元であり、全ては茶番だと聞かされる。千絵(早見あかり)は旅川周馬(武田真治)の手から逃れてお綱(野々すみ花)と遭遇、二人は弦之丞を巡って一度は対立するが、ともに弦之丞を探すことを決意する。しかし再び現れた周馬が千絵を連れ去り、千絵を助けようとしたお綱はけがを負う。弦之丞は、お綱を優しく介抱する。

#邦画

ビデオが失敗した場合は、ここでバックアップ ムービー ビデオをご覧ください。: Click Here

Related Post