ミステリー・セレクション・女金融道シリーズ 3

ミステリー・セレクション・女金融道シリーズ 3

大河内双葉(中村玉緒)は、良心的な金利で金を貸す「双葉ローン」の社長。司法書士でもある双葉は、ヤミ金融にだまされた人々の救済も行っている。社員の山田数子(久本雅美)は司法書士を目指して勉強中だが、かつて双葉に救われたことがある。元刑事の社員・武藤誠吾(今井雅之)も豊富な知識や人脈を駆使して双葉の仕事を支えていた。ある日、双葉は知り合いの黒木邦彦(山本圭)が見知らぬ女性と揉めているところに遭遇する。双葉が声をかけると、黒木は逃げるように立ち去った。女性は斉藤美津江(水野久美)といい、就職のあっせんをしているが黒木とは面識がないという。会社経営者である黒木は、IT企業社長の柴原利子(高橋ひとみ)とともに新会社設立の準備を進めていた。黒木がそのために銀行から4億円の融資を受けたとき、双葉が連帯保証人になっていた

#邦画

ビデオが失敗した場合は、ここでバックアップ ムービー ビデオをご覧ください。: Click Here

Related Post