開局60周年連続ドラマ『95』 第1話

開局60周年連続ドラマ『95』 第1話

早見和真の同名小説を高橋海人主演でドラマ化。1995年の渋谷をがむしゃらに駆け抜けた高校生たちの姿を描く。カラオケ会社に勤める広重秋久は、ある取材で高校時代の話を聞かれ、29年前の記憶が蘇る。1995年、成績優秀な高校生だった秋久(高橋)は、地下鉄サリン事件をきっかけに人の死に直面し、動揺していた。

#邦画

ビデオが失敗した場合は、ここでバックアップ ムービー ビデオをご覧ください。: Click Here

Related Post