救命病棟24時 第5シリーズ 第1話

救命病棟24時 第5シリーズ 第1話

史上最悪の事件!小島楓、生と死の決断国立湊大学附属病院救命救急センターの医局長としてチームを率いることになった小島楓(松嶋菜々子)は、国立大学病院という「救命の最後の壁」を舞台に、最新の設備と最高の医療スタッフとともに、日夜鳴り続けるコールに応え、1人でも多くの命を救うため働き続ける。しかし、急ごしらえの雇い兵部隊である湊大救命センターの医局員たちは、救命医の本庄雅晴(佐々木蔵之介)を筆頭に、それぞれ腕は立つがくせ者ぞろい。楓は淡々と正確に仕事をこなすが、どこか他人を寄せつけない雰囲気があるため、医局員たちとの関係はぎこちない。楓自身も、救命医としての実力は誰よりも勝っているがゆえに、チームを率いることに自信を持てないでおり、院長の最上透(段田安則)が楓を医局長に据えた理由も不明だった。

#邦画

ビデオが失敗した場合は、ここでバックアップ ムービー ビデオをご覧ください。: Click Here

Related Post