救命病棟24時 第2シリーズ 第7話

救命病棟24時 第2シリーズ 第7話

救命センターにホームレスと見られる初老の男が運ばれてきた。だが症状は重く、担当の城島(谷原章介)も手の施しようがなく、数分後、米田の死亡が確認された。ゆき(須藤理彩)はみどり(唐木恵子)らにその後の処置を指図するが、死の直前、「・・・娘に会いたかった・・・」と無念の重いを聞いたみどりには、ゆきの冷静さが信じられない様子。「救命ってみんなそうなの・・・」みどりのつぶやきを振り払うかのように、ゆきは次の急患の受入れに走った。進藤(江口洋介)は、刃物を持った不法侵入者がたまき(松雪泰子)を襲おうとしたのを、取り押さえ、右手を負傷してしまった。しばらくは進藤抜きの体制を覚悟しなければならない。しかも・・・「よわったよなぁ、進藤先生カルテ整理とかしてくれるかなぁ・・・」小田切(渡辺いっけい)が心配そうにつぶやいている。だが、そこに偶然入ってきた進藤は、完治するまでは喜んでデスクワークに徹するという。「チームワークで乗り切りましょう!!」

#邦画

ビデオが失敗した場合は、ここでバックアップ ムービー ビデオをご覧ください。: Click Here

Related Post