ミステリー・セレクション・血痕4 警科研 湯川愛子の鑑定ファイル

ミステリー・セレクション・血痕4 警科研 湯川愛子の鑑定ファイル

湯川愛子(竹下景子)と朋美(三船美佳)母娘は、久しぶりに群馬県高崎市にある愛子の亡夫の墓を訪れた。そして、2人は夫の知人、宇田川源治(内藤剛志)が経営する古い写真館の前を通りかかった。その翌日、前日にその写真館で家族写真を撮った森島家の主人、幹夫(谷川昭一朗)が、何者かに殺されたことを知り、愛子は驚く。幹夫は妻・静江(古村比呂)、長男・洋一(加藤良輔)、長女・香織(秋月三佳)との4人家族。独りよがりで暴君のように振る舞う幹夫は家族から疎ましがられていた。ハンマーのような鈍器が凶器だと推定されたが、現場には残っていなかった。群馬県警の刑事、須藤彰

#邦画

Related Post