サスペンス名作選 弁護士高林鮎子4「信州飯田線 殺意の天竜峡」

サスペンス名作選 弁護士高林鮎子4「信州飯田線 殺意の天竜峡」

サスペンス名作選 弁護士高林鮎子4 信州飯田線 殺意の天竜峡・女弁護士高林鮎子、横浜名物シューマイに守られた男のアリバイを崩せ!! 88/08/30 平塚(神奈川県)の七夕祭りで殺人事件が発生した。この事件を調べた弁護士・高林鮎子(眞野あずさ)は、被害者は詐欺事件の黒幕で、大金を奪われた何者かがその復讐のために殺したと見る。捜査の結果、近田昭彦という男にたどりつく。だが、近田は殺人事件が発生した少し前、天竜峡にいた…。 *近田 復讐殺人 乗り継ぎでアリバイ作り 伊藤浩一 娘・純子 近田夫婦 息子・近田昭彦 2人の父 退職金を騙し取られ ←岡野康三(主) 被害者の会で 近田昭彦と純子が一目惚れ 半年前 天竜峡 近田の父が 吊橋から飛び降り自殺

#邦画

Related Post