すべて忘れてしまうから 第7話

すべて忘れてしまうから 第7話

内容:阿部寛主演!ミステリアスでビタースイートなラブストーリー ハロウィンの夜に突然姿を消した恋人“F”。今夜、謎に包まれていたFの物語が解き明かされる。2年前、“F”(尾野真千子)は姉(酒井美紀)と高級ホテルのラウンジで人を待っていた。そこに現れたのは、今まで一度も会ったことのなかった母方の祖母(草笛光子)。F達の母親は20歳で家出をし、26年前に事故で亡くなった。なぜ今更連絡をしてきたのかと問う姉に、自分の余命はあと1年で、今のうちに会っておきたかったと伝える祖母。苦労を共にしてくれなかった祖母に愛情を持てない姉。その姉とは対称的に、Fは祖母を受け入れようとしていた。翌日、恋人“M”(阿部寛)に連れられ“BAR灯台”で所在なさげに飲んでいたF。尿意を催したFはトイレへ立つが、混み合っておりやむを得ずコンビニへ。そこで、バイトを抜けてサボっていたミト(鳴海唯)とばったり遭遇する。今まで関わることの無かった2人は、ある共通意識を持っていた。ある日突然姿を消したFの物語が解き明かされる。

出演:筧史朗…西島秀俊、矢吹賢二…内野聖陽、富永佳代子…田中美佐子、富永さん…矢柴俊博、上町美江…高泉淳子、上町修…チャンカワイ、小山志乃…中村ゆりか、渡辺ミチル…真凛、渡辺達也…長友郁真、渡辺悟朗…大和壱吹

#邦画

Related Post