時をかけるな、恋人たち 第6話

時をかけるな、恋人たち 第6話

内容:廻(吉岡里帆)と翔(永山瑛太)が恋の逃避行へ!禁断のタイムトラベルで向かった先は、廻の両親が出会った40年前。父と母の馴れ初めの真相と、廻のルーツが明らかに!タイムパトロールの任期終了の瞬間が迫るなか、廻(吉岡里帆)は翔(永山瑛太)との駆け落ちを決意。2人で暮らすための作戦を練ろうとタイムボードに飛び乗り、廻が生まれる前の1983年に向かう。40年前の海にたどり着いた2人は、夏を楽しむ若者の雰囲気にのまれ、ついつい80年代を満喫して大はしゃぎ。するとそこへ、「恋の逃避行ってなんなんですか!」と天野(伊藤万理華)が怒鳴り込んでくる。聞けば、廻と翔には心当たりのない書き置きが残されていたと言い、天野はほかの隊員たちに知られる前に、2023年に帰ろうと促す。しかし、探していた答えをまだ見つけられない廻と翔は帰るわけにいかない。2人が天野と押し問答を続けていると、突然、浜辺をうろついていたナンパ男が声をかけてくる。廻には、その顔に見覚えがあり…。

出演:常盤廻…吉岡里帆、井浦翔…永山瑛太、天野りおん…伊藤万理華、広瀬航…西垣匠、梓若菜…田中真琴、リリリー…夏子、和井内秀峰…石田剛太、八丁堀惣介…じろう(シソンヌ)

#邦画

Related Post