パリピ孔明 第7話

パリピ孔明 第7話

内容:10万イイネ企画を勝ち取り、ついに超大型フェス・サマーソニアの出場権を獲得した月見英子(上白石萌歌)。しかし、本番では『DREAMER』だけでなく、新曲をもう1曲用意しなくてはいけない。曲作りに悩む英子はミア西表(菅原小春)に相談するが、ミアは「私に歌の事なんて聞くな!」と突っぱねる。そんな折、英子がBBラウンジでアルバイトをしていると、テレビの音楽番組のプロデューサー・高井戸(竹財輝之助)という男がやってくる。高井戸は英子に「ゴールデンの特番で、新人枠のシークレットゲストとして出演してほしい」とオファーを持ちかける。何か裏があるのではと怪しむ諸葛孔明(向井理)は、ボウリング場で高井戸に接触。ボウリング対決を持ちかける。もし高井戸が勝ったら、英子をノーギャラで番組に出演させるという孔明だが…。一方、ミアはレコード会社の社長・山野(七海ひろき)と揉め、レーベルを辞めると言い放つ。英子はミアに呼び出され、愚痴を聞くが、突然めまいがして…。

出演:諸葛孔明…向井 理、月見英子…上白石 萌歌、ミア西表…菅原 小春、KABE太人…宮世 琉弥、久遠七海…八木 莉可子、RYO…森崎 ウィン、前園ケイジ…関口メンディー、マリア・ディーゼル…アヴちゃん(女王蜂)、赤兎馬カンフー…ELLY、劉備…ディーン・フジオカ、小林…森山未來

#邦画

Related Post